見える→見える編暗黙知を形式値化して「標準化」「品質向上」

人の手によって行われてきた「技能」の継承は、その作業が属人化されると、なかなか難しいものです。

人によってばらつきのある“コツ”“勘”“経験”で行われてきた作業を整理し検証することで、各工程のトリガー、温度、時間、などの条件を形式値化し、誰でもできるシステムを構築します。